無料ドラマ動画館

.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | . コメント(-)
9月20日放送、官僚たちの夏、最終回の動画が無料で視聴できます。

『天下りせず』
炭鉱爆発事故の対応による激務の末、体調を崩し入院していた鮎川光太郎(高橋克実)企業局長を見舞った風越信吾(佐藤浩市)通産省事務次官は、鮎川の余命が半年もないことを知らされる。
スポンサーサイト
9月13日放送、官僚たちの夏9話の動画が無料で視聴できます。

『炭鉱事故』
重工業局長から繊維局長へ転任させられた、国際通商派の片山泰介は、「風越が次官では自分が次官になる道は閉ざされた」と辞表を提出する。しかし、風越は片山を引き止め、片山自身が立案した大阪万博を実現させるよう求める。そんな折、北海道の麻幌炭鉱で爆発事故が起こる。
9月6日放送、官僚たちの夏8話の動画が無料で視聴できます。

『総理の死』
通産省内では、国産旅客機の開発支援が最重要課題となっていた。それは、池内信人(北大路欣也)総理大臣の「オリンピックの象徴である聖火を国産初の旅客機で運ぶ姿を全国民に披露し、先進国の仲間入りを果たす」という強い意向によるものだった。しかし、国産旅客機は米連邦航空局の飛行審査で不合格を言い渡され・・・
8月16日放送、官僚たちの夏 7話の動画が無料で視聴できます。

写真イメージ第7話2009年8月16日貿易自由化という戦後最大の試練を控えた昭和37年(1962年)、通産省企業局長の風越信吾(佐藤浩市)は外国企業の進出から国内産業を守るため、「国内産業保護法案」の成立を進めていた。
8月9日放送、官僚たちの夏 6話の動画が無料で視聴できます。

『公害問題』 関東地区視聴率9.0%
昭和36年(1961年)、企業局長に昇進した風越信吾(佐藤浩市)は、来るべき貿易自由化から国内産業を守るための法案「国内産業保護法」の作成に奔走していた。
8月2日放送、官僚たちの夏 5話の動画が無料で視聴できます。

『電算機を救え』 関東地区視聴率: 8.3%

昭和35年(1960年)、コンピュータが電子計算機と呼ばれ、多くの国民がその意味さえ知らなかったころ、アメリカの巨大コンピュータ企業・IDN社が日本進出に動き出した。開発費は日本の国家予算の半分、性能速度は日本製品の100倍。

官僚たちの夏 出演者:佐藤浩市、堺雅人、高橋克実、佐野史郎、西村雅彦、杉本哲太、
吹石一恵、高橋克典、船越英一郎、北大路欣也、他
7月26日放送、官僚たちの夏 4話の動画が無料で視聴できます。

昭和34年(1959年)、アメリカの強硬な姿勢に屈し、綿製品の対米輸出自主規制を行ったことで、日本の繊維業界は深刻な不況に陥っていた。通産省に対する繊維業界の怒りは高まる一方であったが、通産大臣の池内信人は国際貿易自由協定GATTの東京総会を乗り切ることで頭がいっぱいだった。

関東地区視聴率:8.0%
官僚たちの夏 出演者:佐藤浩市、堺雅人、高橋克実、佐野史郎、西村雅彦、杉本哲太、
吹石一恵、高橋克典、船越英一郎、北大路欣也、他
7月19日放送、官僚たちの夏 3話 の動画が無料で視聴できます。

昭和34年(1959年)、日本の繊維製品がアメリカ市場を席巻し、貿易摩擦を引き起こしていた。そんな中、アメリカ協調派の実力者・池内信人が通産大臣に就任する。時を同じくして、風越信吾のライバルであり国際通商派の玉木博文が繊維局長に任命され、ワシントンから呼び戻されることに。また、同じ通商派の片山泰介(高橋克典)も、カナダ大使館から繊維局へ異動となった・・・

官僚たちの夏 出演者:佐藤浩市、堺雅人、高橋克実、佐野史郎、西村雅彦、杉本哲太、
吹石一恵、高橋克典、船越英一郎、北大路欣也、他
7月12日放送、官僚たちの夏 2話 の動画が無料で視聴できます。

関東地区視聴率:9.8%
テレビを普及させるためには、テレビの低価格化が必須だと考える官房秘書課長の風越信吾は、重工業局長の丸尾要に、家電メーカーの過当競争による共倒れを防ごうと、参入業者を制限する案を提案し、了承される。しかし、参入を制限されたメーカーの一つ大沢無線が反発・・・
官僚たちの夏官僚たちの夏
2009年7月5日から『日曜劇場』内で放送開始。
初回は20分拡大。ハイビジョン制作。
制作:TBS
『ミスター通産省と呼ばれた男』を佐藤浩一が熱演
敗戦後の昭和30年代の通産官僚と産業界の奮闘を描いた感動作。敗戦国の日本を、世界と肩を並べる豊かな国にしたいという使命感に燃える、熱き通産官僚たちの活躍を描いた物語。“ミスター通産省”と呼ばれた男・風越信吾を中心とした、国内産業の保護を訴える“産業派”と、国際化を目指して自由貿易を理想とする“国際派”の攻防を軸に展開。また、当時の社会風俗や街並みなど、舞台となる高度成長期当時の国内を、忠実に再現するビジュアルも見どころ。




・Copyright © 無料ドラマ動画館 All Rights Reserved. このブログについて(お問い合わせ)
JavaScript Cookie Tab by Yet(E)Javasscript Tab / JavaScript Input supplement by suggest.js / PHP Access analysis by Lunasys / Blog Template by FC2ブログのテンプレート工房
Powered By
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。